【学費】中1(効率)の子どものリアルな塾費用について

2 min 33 views

注記:当ブログはGoogleAdSense、アフィリエイトを利用、収益を得ています。

どうもタケイ(@pcefancom)です。

5月から子供(2人目)が地元の公立中学校に進学しました。

一学期の中間テスト前のタイミングで学習塾に通い始めました。
通うのは、地元密着系の個人経営の塾です。

個別指導や大手の塾も考えましたが、子供(1人目)の子供が通っていたこと、実際に成果が出たこともあり、子供(2人目)も同じ塾にお世話になることになりました。

入塾にあたっていくら掛かるのか、また月謝はいくら位なのか?を紹介します。

これから中学校の進学するご家庭で、どれくらいの塾費用はかかるのか?

調べている方の参考になればさいわいです!

高校進学塾のリアルな月謝

入塾するのにかかった費用

入塾にあたってかかった費用は以下でした。
一年間にかかる費用です。

  • 入塾費:0円
  • 5教科教材費(国語、数学、理科、社会、英語)):46,000円
  • 空調負担金:10,000円

まずは入塾費。
0円だったのはありがたいところですね。
大手の塾に入るときは入塾費用がかかるのが大半です。
※2万円とかザラです。

そこが塾の方針でかからなかったのはありがたいです。

そして教材費。
どうしても必要な部分ですから、数万円かかってくるのは当たり前です。
とはいえ、1年間分しかも5教科合計で5万円以下というのは、相場からしてもやすい方だなと思います。

毎月の月謝と教科数、時間

そして毎月の月謝と教科数、時間は以下の通りです。

  • 月謝:32,000円
  • 教科数:5教科(国語、数学、理科、社会、英語)
  • 時間数:週8.5時間、月36時間

5教科を受講することになりました。
塾は月曜、火曜、木曜、土曜日の週4日。
一回の授業がおおよそ2.5時間です。

これで月謝32,000円となりました。

大手よりはやすいと思います。
例えば個別指導塾だと、1コマ80分で週3回で同じくらいの金額になります。

この点は、塾の検索サイトに載っていないような地元密着型のメリットですね。

高校進学塾の費用:諸経費で10万円、月謝は3万円以上と考えたほうが吉

以上、簡単ではありますが、中1の子供が実際に塾に通い始めてかかった金額でした。

大手ではないので、あまり参考にはならないかもしれませんが、調べた結果も勘案すると

  • 入学の諸経費:コミコミで10万円(入会金+施設費+教材費)
  • 月謝:1教科あたり1万円くらいから、5教科なら最低3万円

と考えておくと良いと思います。

お子さんの好みによりますが、通うなら10人以下の少人数で寺子屋形式の塾がおすすめです。
個別指導塾はどうしても割高、教える方も学生バイト、大手だと料金も高いです。
オンラインだと多分身が入らないと思います。

そして選ぶ場合、リアルな口コミは大事にしましょう。

我が家の場合、進学校に進んだご家庭におすすめの塾を聞いてたどり着きました。

川越に関してでしたら、ある程度お答えできるので、迷っていらしたらご連絡ください!

takemako1999@gmail.com

takemako1999@gmail.com

クラウドアーキテクト

名前:タケイマコト
埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です