【AWS】ChromebookからEC2にファイルをアップロード/ダウンロードする方法

2 min 159 views
ChromebookでEC2の間でファイルを転送する方法

注記:当ブログはGoogleAdSense、アフィリエイトを利用、収益を得ています。

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

ChromebookのLinuxモードを使うとEC2へのアクセスも簡単にできます。

またEC2で作業するときにパソコンにあるファイルをEC2にアップロード/ダウンロードしたいときがあると思います。

この記事では「ChromebookでChromebookからEC2にファイルをアップロード/ダウンロードする方法」を紹介します。

EC2のキーペアファイルがChromebookに設定済みなことを前提としています。まだキーペアの設定をしていない場合は、以下の記事を参考に設定しておいてください。

ChromebookからEC2にファイルをアップロード/ダウンロードする方法

ファイルのアップロードとダウンロードは「scp」コマンドを使って行います。
ちなみに「scp」はリモートマシンとローカルマシン、あるいはリモートマシン同士でファイルをコピーする際に使用するコマンドです。

(1)アップロードしたいファイルをLinuxフォルダに置く

まずはアップロードから。

EC2にアップロードしたいファイルをLinuxフォルダに置きます。
場所はLinuxフォルダの直下が便利です。

(2)Linuxのターミナルを起動する

ファイルを配置したら、Linuxのターミナルを起動します。

LinuxターミナルのアイコンからPenguinをクリックして起動すればOKです。

(3)ChromebookからEC2にファイルをアップロードする

ターミナルを起動したら、EC2にファイルをアップロードします。

以下のSCPコマンドを実行してください。

scp -i /home/ユーザ名/.ssh/keys/キーペアファイル名.pem /home/ユーザ名/アップロードファイル名 ログインユーザ名@パブリックIP:配置したいフォルダ

赤文字の部分は、ユーザによって変わる部分です。

コマンドの意味ですが、

scp -i キーペアファイル名 コピー元のパス コピー先のパス

となっています。

  • キーペアファイルが「/home/takemako1999/.ssh/keys/takei.pem」
  • アップロードするファイルが「/home/takemako1999/aaa.zip」
  • ec2のログインユーザがec2-user
  • ec2のパブリックIPが1.1.1.1
  • アップロードする先がec2-userでログインしたときのパス

の場合、

scp -i /home/takemako1999/.ssh/keys/takei.pem /home/takemako1999/aaa.zip ec2-user@1.1.1.1:~

というふうになります。

ちなみにPermission deniedなど出た場合にはファイルの読み込み権限がなかったり、アップロード先のフォルダで書き込み権限がない場合がほとんどです。ファイルの権限周りを見直してみましょう。

(3)ChromebookにEC2からファイルをダウンロードする

ファイルをEC2からダウンロードする場合は、

scp -i キーペアファイル名 コピー先のパス コピー元のパス

となります。

なのでコマンドも逆。

scp -i /home/ユーザ名/.ssh/keys/キーペアファイル名.pem ログインユーザ名@パブリックIP:ダウンロード死体ファイルのパス /home/ユーザ名/ダウンロードファイル名 

となります。

ChromebookとEC2間のファイル転送はSCPで可能

以上、ChromebookからEC2にファイルをアップロード/ダウンロードする方法でした。

WindowsのようにTeratermなどでGUIではないのでとっつきにくいかもしれませんが、手順化してしてまえば簡単です。

takemako1999@gmail.com

takemako1999@gmail.com

クラウドアーキテクト

名前:タケイマコト
埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です